オンライン英会話と初心者におすすめの学習方法 > 英語勉強 > 早期英語教育の必要性|バイリンガルになるとメリット?

早期英語教育の必要性|バイリンガルになるとメリット?

Pocket

早期英語教育
グローバル化が進められる中、
やはり、英語の早期学習を考える時が来ているのではないでしょうか?
大学入試も変化していく中、それに対応できる学習をしていく必要があります。

 

もちろん、大学合格だけが英語を学ぶ理由にはなりません。
 

早期英語教育は日本語と混同する?

よくある質問が「日本語も話せないのに、
英語をい教えると混同してしまうのではないか」というものです。
 
答えは「NO」です。
 
日本は島国ですので、日本語のみでコミュニケーションがとれる場合がほとんどですので、
日本語の1カ国語しか話せない人も多いのです。
 
しかしながら、ヨーロッパなど大陸では、隣国と接していますので、
1カ国だけというよりは、2カ国、3カ国語が話せる場合が多いのです。
 
この3カ国後を話せる子供や大人は頭の中でこれらの言葉を学ぶのに混同したのでしょうか?
 
そうは思いません。生活していく上で、自然に(とまでは言いませんが)習得したと考えられます。
ですから、ぜひ、日本でも、小さい頃から英語も学ぶことを推奨します。
 
一時的に、英語で知っている単語と、日本語で知っている単語が出てくることもありますが、
それも、いつの間にか解消します。

バイリンガルになるとメリットがある

早期英語教育

簡単に英語を学ぶと言っても、言葉としての英語ではなく、英語の後ろにある、
文化的背景や各国の価値観などを学ぶことも、とても大切です。
日本語にも背景や歴史があるように、英語にもぜひ学ぶべきことがたくさんあるのです。
 
それは、様々な国の習慣や文化、多様性を知り、受け入れることになります。
 
本来、英語というのはコミュニケーションツールなので人との交流はできますが、
それだけの学習にとどまっていると、英語を話す人たちの背景を知ることができません。
 
また、英語を知っておくことで、世界が広がり、選択肢が増えることも正直なところです。
これは、受験の選択肢だけではなく、社会にでてからの選択肢も広がります。
大企業だけではなく、中小企業でも、もの作り日本は海外との取引が多いのです。
 
そこで、英語も必要になります。
海外赴任などもありますね。以上のようなことを考えると、
バイリンガルになることで、メリットがたくさんあります。

お家で幼少期から学習するには

早期英語教育

英語の技能は「書く」「聞く」「話す」「読む」と4つあります。
どの技能もインプット、アウトプット、で定着していきます。
インプットは耳から入ったり、目から入る情報です。
 
それに対しアウトプットは、文字どおり、外に出すので、話すこと、書くことが主なものです。
まずは、インプットです。どうやって幼少期にインプットするのか。
パパ、ママが話しかけるのもいいですし、CDなどを利用して毎日聞いていれば、
割と早い時期に歌を一緒に歌ったり、踊ったりするようにないrます。
 
インプットをすれば、すぐにアウトプットができるというのは難しいことで、
根気よく6ヶ月から1年のスパンで子供のインプットをしてください。
 
実は、幼い子供になればなるほど、英語と日本語の区別がつかないので、
すんなりとインプットができ、意外と早くアウトプットするようになります。
 
どんな形でアウトプットを誘うかのか。
これはゲームなどがいいですね。
 
あとは、一緒にお歌を歌ったり。
子供と楽しみながら取り組むのが、幼少期学習のポイントです。

まとめ

あなたも、お子さんをバイリンガルにしたいと少なからず思っているのではないですか?
ポイントはインプットを続けていくことです。
 
ある程度話せるようになったから、
もう大丈夫というのは危険で、英語も使わないと忘れてしまいます。
 
ぜひ、毎日10分でも英語学習に時間を取り入れてください。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください