オンライン英会話と初心者におすすめの学習方法 > 英語勉強 > 英語手帳のススメ!手帳を英語で記入しよう!

英語手帳のススメ!手帳を英語で記入しよう!

Pocket

英語手帳のおすすめ

英語で手帳を書いてみませんか?
スケジュール帳などを使用しているあなた、英語で手帳を記入しませんか?
気軽にできる英語での記入を毎日していくうちに、自然と英語力が身についていきます。

簡単ルールを決めておこう

あまり英文の表記ルールなどにとらわれると英語で書くことが嫌になります。
例えば、文頭は大文字で、最後はピリオドをつける、などです。

 

今回この手帳に書く際には、書き易さを重視したいと思います。
ある程度自由に書いていくことが大切です。
そして、わかりきっている主語は省略してもOKです。

 

例えば、I’ll go to the library.では、
図書館に行くという動作はあなたがすることなので、
手帳に書く際には、「I’ll」を省略して、
go to the libraryと記入しましょう。
 
あなた以外の人の場合にはわかりやすくするために主語が必要ですね。
また、日本語を混ぜてもOKにします。
 
例えば、「文化祭」なら「bunkasai」というようにします。
英語で何と表現すればいいかわからない時は、ローマ字で表現しましょう。

まずは簡単で毎日使える表記から

英語で手帳を書くことになれるまでは、
簡単に毎日かくことができる「天気」や「体調」の記入をしましょう。
晴れの日は「sunny」雨の日は「rainy」と書くだけでいいのです。
毎日書いていくとすぐに天気についての表現が定着していくでしょう。
 
他に天気を表す単語では、
くもりの日「cloudy」、雪の日「snowy」などがあります。
 
天気は意外と表現できる単語がたくさんあります。
晴れたと快晴とではまた違うのです。
 
時間がある時に調べれば次回からは選択肢に追加できます
「体調」についても同じことが言えます。

プラスαをしていこう

最初は「天気」と「体調」だけだったのが、
簡単に書くことができるようになると、
「メモ」や「To Doリスト」など、プラスαをしていきましょう。
 
例えば体調で風邪をひいたかな?と思った時には、
メモに「風邪薬を買うこと」とし、
「buy cold medicine」とプラスαで記入します。
 
もし、可能であればここから更に1行増やします。
「薬を飲んだ」とプラスαをしてみましょう。
「I took some medicine.」このように
、書ける範囲で1行ずつ加えていくといいですね。
表現に広がりが出ます。

手帳の使いかたはいろいろ

英語手帳のおすすめ
手帳の使い方はいろいろです。
毎日のスケジュール管理だけではなく、
趣味の手帳に仕上げれば英語力がアップします。
 
ランチで訪れた店を記入したり、観た映画を記入するなど、
あなたに合った英語手帳をもっと楽しく活用する方法を考えましょう。

まとめ

この手帳を英語で記入するということは、「毎日少しの英語習慣」になります。
身近なことを英語で楽しみながら記入することで、英語力がついていきます。
最初は負担にならないようにスタートしてください。
そして、ワクワクする英語手帳をつくりましょう。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。