オンライン英会話と初心者におすすめの学習方法 > 子ども オンライン英会話 > 2歳の英語学習はできることにつきあう!イヤイヤものりこえよう。

2歳の英語学習はできることにつきあう!イヤイヤものりこえよう。

Pocket

2歳 英語

2歳になると少し反抗期になるお子さんもいます。
上手に反抗期とつきあって、快適に生活をし、
家庭の中での英語学習も進めていきましょう。

生活習慣をみなおして

「昼間機嫌が悪い」と言う声をよく聞きます。
機嫌が悪いと、英語の学習をとり入れたくても難しかったり、
とり入れる気持ちがなくなります。

 

まず、生活習慣を見なおして、1日のリズムをしっかりと作ってください。
0歳児や、1歳児に比べると、基本的に夜中に起きることがほとんどありません。
寝る前にテレビを消すというのも大切なことです。
 
どうすればしっかりと睡眠をとることができるかを考えてください。
日中にぼーっとしている状態ではもったいないですよね。
ぼーっとしている時は好奇心も半減します。
 
ぜひ、生活リズムの見直しをしてください。
眠る時に、添い寝をして、英語の簡単な歌を歌ってあげたり、
簡単な英語の絵本を読んであげるのもいいですね。
 
それを習慣化すると、「寝る時間だ」とわかり、
寝つきがよくなり、睡眠の質もあがりますね。

英語を楽しむ時間を共有する

2歳 英語
ママにお願いです。
お子さんが英語に触れて楽しそうにしているときは、
ぜひ、時間の共有をしてください。
子どもはママが大好きです。
 
ママも楽しそうに一緒にしていると、
子どもはとても嬉しく作業(学習)にも集中します。
 
こうすることで信頼関係もうまれ英語を吸収することも難しくなくなります。
夢中になっているときこそ見守ってあげてください。
そしてどんな遊び(学習)が好きなのかを観察してください。

具体的にできること

2歳 英語
ボールをもって遊ぶことができるようになります。
まだコントロールはできませんが、バランス感覚を養うのに最適です。
 
そこに英語を絡ませていきます。
「Catch.」「Throw.」などの言葉も使うことができます。
 
これも言葉だけ教えても子どもは理解できないので言動の一致をしてください。
実際に受けたり投げたりすると共に英語をママが横で声にしてあげましょう。
 
また、一人での食事も上手になってきます。
この時もぜひ横で「Yummy」などの声掛けや、食材を英語で言うといいです。
 
玉ねぎを食べているなら「Onion!」などです。
歯磨きも一人である程度できます。
 
ここもチャンスです。「Brush your teeth.」などと声掛けてください。
 
毎日の習慣ですので毎日同じ動作の時に
同じ英語を聞いていると自然とインプットされます。

まとめ

実は1歳までのイヤイヤ期以上にイヤイヤが大きくなります。
上手に付き合うことが大切です。
 
泣いている時もできれるだけ話を聞いてあげてください。
 
そういう小さなことから親子の信頼関係も構築されいろいろな場面で役にたちます。
そのひとつが英語学習です。
 
ぜひ、行動範囲も増える子どもたちに、
多くの英語に接する機会を与えてください。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。