オンライン英会話と初心者におすすめの学習方法 > 子ども オンライン英会話 > 英会話はこどもから!ネットでスカイプを使ったオンライン教材は?

英会話はこどもから!ネットでスカイプを使ったオンライン教材は?

Pocket

英会話 こども

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
また、ここ数年外国人観光客の数も増えています。
日本の企業でも英語で会議がおこなわれる会社も少なくありません。

 

今の子どもたちが大人になるころには間違いなく英語の力は必要です。
あなたは子どもに英会話を学ばせますか?
またそれは何歳からですか?

英語に抵抗がない年齢は英語習得にチャンス

英会話 こども

英語も日本語と同じくひとつの言語です。
つまり、習得方法は同じと言っても過言ではないでしょう。
 
物心がつかないうちから英語に触れる機会を作れば自然と英語が身についていきます。
もっと極端に言えば、生まれてすぐから、
英語で話しかけるなどをしていくと自然と言語習得をします。
 
英語と日本語の区別がない頃から英語に接する機会を与えることは大切です。
これが、英語と日本語が違う言語だということを理解し、
また、日本に住んでいる以上、日本語の能力の方がのびるので、
その際に英語よりも日本語を使用したいという気持ちが生まれてきます。
 
その気持ちが芽生えるまでに、英語でDVDを見るのが当たり前であるとか、
英語の音楽を聴くのが当たり前、というような環境を作ってしまうのが一つの方法です。
英語に抵抗がない間にそんな環境を整えてあげましょう。

英語を好きでいることが一番大切

英会話 こども

子どもだけでなく、大人も同じですが、嫌いなものは習得するのに苦労します。
それに比べて好きなものはどうでしょうか?
自分から進んで取り組んでいく気持ちになりますね。
 
ですから、子どもに英語を身につけさせたい時も同じです。
子どもが英語が好きになるように工夫をするのです。
好きにはならなくても、嫌いにさせない努力は大切です。
 
一度嫌いになると、
なかなかその感情から脱出するきっかけを見つけるのは難しいものです。
 
中学生になって、英語が嫌いになったという声をよく聞きます。
 
そして、成績にも影響が出るようになり、
益々嫌いになるという悪循環が起きます。
 
ですから、英語を好きでいさせたいですね。
好きになるには、英語は楽しいものである、という思いが大切です。
 
英語でゲームをしてもいいですし、英語で子どもと一緒に料理を作ってみるのもいいですね。
 
子どもが何に興味をもっているかを把握し、
そこに上手に英会話を絡めていくと楽しく英語に接することができます。

教室選びで大切なのは先生

英会話 こども

最近では0歳からの英語教室もあります。
また、英語教室に通い始める年齢も早くなっています。
あなたはどのような基準で英語教室を選びますか?
 
ネイティブの先生がいい!
と思う人も多いようですが、一概にネイティブの先生がいいとは思いません。
小さいお子さんなら特にそうですが、大人であれば、
英会話の学習だけに教室に通います。
 
しかし、小さい子どもは英会話のレッスンに加えて
保育の要素を満たしている教室がおすすめです。
 
やはり英語が話せる先生と、英語を教えることができる先生とは違います。
 
また、英語を教えるだけの先生と、
子どもの気持ちを考えながら臨機応変に対応してくれる先生とは違います。
他にも子どもと先生の相性も大切な要素になります。
 
そして、先生と保護者との関係もとても大切です。
以上のようなことを念頭において、
どの教室が子どもに合っているのかを見極めてください。
体験レッスンにも何校か足を運ばれることをお勧めします。

スカイプで英会話をこどもに!オンライン英会話の教材も充実でオススメです!

スモールワールド・オンライン英会話家庭教師

最近ではネットでスカイプを使ったオンライン英会話も話題です。
オンライン英会話なら自宅にいての学習なので送り迎えなどの労力もいらず安心ですね。
 
お子様向けの講師を用意した会社やお子さま用教材も用意されているので
飽きること無く英語を勉強出来るシステムになってます。
 
またネイティブ講師のレッスンも受講できるサービスもある会社もありますので
ネイティブ英語の発音やイントネーションを学ぶこともできます。
 
お子さまの発音やリスニング力やTOEICや英検等をレベルアップするには
最高の場所がここになりますよ!

まとめ

英会話 こども

これからの日本を背負って立つ子どもたちに、
ぜひ、英語の必要性を知ってほしいと思います。
 
また、それが単に話せることが重要なのではなくて、
英語を道具として使っていくか、ということが大切なことも知ってほしいです。
 
まずは子どものうちに英語を好きになり、
その好きという感情を継続させて学習していくと、
英語の習得も難しいものではないのではないでしょうか?




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。