オンライン英会話と初心者におすすめの学習方法 > オンライン英会話 > オンライン英会話でネイティブ講師とレッスンをして英会話のちからをつけよう!

オンライン英会話でネイティブ講師とレッスンをして英会話のちからをつけよう!

Pocket

オンライン英会話 ネイティブ

最近急激な増加を見せるオンライン英会話。
その多くはフィリピン講師が活躍をしています。
会社にとっては人件費の削減もあるのでしょうが、
生きた英語をそのままダイレクトに受講生に伝えることができる、
文化の背景を伝えることができるというメリットがあります。

 

さて、あなたは日本人講師に教えてもらいたいですか?
それともやはりネイディブ講師に教えてもらいたいですか?

家にいながらネイティブと会話は魅力的

オンライン英会話は自宅にいながら英語を学ぶことができるシステムです。
周囲に英語を話すことができる環境がない人、
また英語で話せる外国人のお友だちがいない人には、
ネイディブの講師と話をすることは、モチベーションの向上や、
英会話のスキルアップになります。

 

ネイティブ講師と言っても一言ではあらわせません。
出身が違うので、実はアクセント、言いまわし、が若干異なるのです。

 

さまざまな母国語のネイティブ講師がいますので、
自分のレベルや、相性にあわせて、目的別に講師を選択することができます。

 

オンライン英会話の講師はオンラインだかこその教える難しさがあります。
そこを、訓練をすることによって質の高いサービスの提供をしています。

 

レッスンにおける質の良いサービスの提供はもちろんのことですが、
その後のアフターフォローについても事前に調べる必要がありますね。

初心者でも、対面ではなくスカイプで受講して効果がでるのか?

オンライン英会話 ネイティブ
やはり、オンライン英会話は対面での受講より難しい場面があるのは当然です。
思いが画面を通してなので、思うように伝わらないことも多いのです。

 

そんな時、こんな講師だといいですよね。
答えがでるまで、辛抱強く待ってくれる。これは、本当に重要です。
講師は生徒が考えを出すまで、嫌な顔をせずに待ってくれます。

 

自分で答えを考えることは本当に大切なことで、講師から簡単に教えてもらったものは、
実は、次に使おうと思ったときに忘れてしまいがちなのです。

 

ですから、生徒が今必要な勉強をしっかり見極めて、合った勉強方法を見つけてくれて、
生徒自らが考える力を引き出してくれる。
そんな講師との出会いがあれば、対面でなくてもオンライン英会話はで十分に効果がでます。

 

もし、講師と自分の相性がよくないと思えば、講師にレッスンのリクエストをするなり、
講師の変更をするなどして、レッスンをすすめていくといいと思います。

オンライン英会話でネイティブの本場の英語で耳を鍛えよう

オンライン英会話 ネイティブ
「ネイティブの人の英語ってききにくいよね」
でも、「どうせならネイティブの講師からならいたいよね」というような声がたくさんあります。

 

最初はたしかにネイティブの講師の言っている言葉がキャッチできないかもしれません。
しかし、これは訓練です。
どんどんネイティブの講師の話す言葉を聞いて耳を鍛えていきましょう。

 

自分では、鍛えるつもりはなくても、レッスンの回数を増やすごとに、
少しずつ聞き取れるようになります。

 

実際に英語圏での出張や、引っ越し、仕事がある人には、
ネイティブ講師との英会話はお勧めです。

 

今、一歩が踏み出せない人は勇気をもって受講することをお勧めします。

 

まずは、どの会社であっても無料体験を実施していますので、受講してください。
ネイティブと言っても国がそれぞれ違うので、英語の発音も若干ことなります。
そのあたりも自分にあった講師をみつけるためにも体験レッスンは必要ですね。

まとめ

オンライン英会話 ネイティブ
一概にネイティブのオンライン英会話がいいとは思いませんが、
日本にいるとどうしても外国人の人と話す機会がすくないです。

 

ですから、あえて、オンライン英会話ではネイティブ講師と話すのがいいのではないかと思います。
日本人講師には日本人講師の良さがあるのと同様に、
ネイティブ講師だからこそ教えてもらえることがあります。

 

それは、英会話だけではなく、英語の背景、外国の文化などです。
英語を学んでいく上でとても必要なことですね。

 

さあ、無料体験レッスンで自分に合った、ネイティブ講師を探しましょう。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。