*

英語勉強法|初心者向け英会話を習得する方法を教えます!

Pocket

英語勉強法

英語を勉強しようと意気込んではみたものの、
何から手を付けていいのかわからない人がたくさんいます。

一番多いのは「英語で話したい」「英会話ができるようになりたい」という意見です。

 

では、どうすれば英会話の勉強ができるのでしょうか?
難しく考える必要はありません。行動あるのみ! です。

英語を勉強したいけれど、どうしたらいいかわからないあなたへ

「英語を勉強する」というと構えてしまう人がいます。よく考えてください。
あなたは日本語をどうやって学びましたか?

確かに小さい頃から、文字の勉強をしたり、本を読んだり・・・
そのもっと前を思い出してください。1歳の頃に文字の勉強をしましたか?
いいえ、自然と学んでいたのです。

 

成長するにつれて、聞く→話す→読む→書くというような
流れで日本語の能力も発達し、習得できます。

 

実は、英語より日本語の方がはるかに難しいと言われています。
ひらがなやカタカナ、漢字もありますよね。
それに比べると英語はアルファベット26文字なのです。
こう考えるとちょっとハードルが低くなりますね。

 

では、さっそく英会話がおもうようにできるように練習に取り組んでいきましょう。
「英会話を習得する」という目的をはっきりもつことも勉強をする上では必要なことです。

そんなことで英会話ができるようになるの?

まず、英語をたくさん聞いてください。ここで間違えてはいけないのは、
聞き流すのではなくて、「しっかり聞く」ことです。

聞き流していてなんとなくわかるのは、それまでに自分が持っている英語に関する知識があるからです。
それ以上の力をつけるとすれば、「しっかり聞く」ことが大切です。

 

そして、聞いたら口に出す(発音する)ことも必要です。
聞くことは通勤時間や家事をしながらの「ながら勉強」でもできるので、
時間の許す限りチャレンジしましょう。

また英語をすぐに日本語訳したくなるのを我慢しましょう。
訳したくなったらイメージ化するのがいいですね。
どういうことかというと、「嬉しい」という言葉を聞いたとき、
「嬉しくて泣いているのか」「嬉しさを体で表現してジャンプしているのか」というようにです。
実はこの作業は英語を発する(口にする)時にとても役に立ちます。

 

同じように考えて英会話の効果的な勉強方法があります。
英会話には「英語でものごとを説明する力」が含まれています。
例えば、日本語で「バナナって何ですか?」と聞かれると、
「黄色くて、細長い果物」というように説明ができます。
これを英語でできるようにするのです。
簡単なものでいいので英語で説明する訓練をぜひ試してください。

 

これでインプットからアウトプットまでの簡単な流れができましたね。
では、実際にその後どうすればよいかお勧めを紹介します。

いざ、ネイティブスピーカーと話そう!

英語勉強法
アウトプットの機会はどうやってもつのか。
友だちに外国人はいないし、、、なんて悩んでいる人へ朗報です!

 

オンライン英会話ってご存知ですか?
簡単に言うと在宅留学です。最初から高い授業料を出して英会話スクールに通わなくても、
家にいながらスカイプでネイティブの講師と英会話のレッスンができます。
webカメラ対応のレッスンであれば、ネイティブ講師とお互いの顔を見ながらレッスンができます。

 

最近では安価なコースもありますので検討の余地はあります。
値段が魅力的なのはもちろんのことですが、
マンツーマンレッスンも受講可能ですので、
自分のスピード、レベルに合わせて英会話を進めていくことができます。

また、わからないことなど質問もしやすいですね。

 

初心者の方には、まずオンライン英会話の体験レッスンを受講して、
自分に合ったアウトプットの場であるかどうかの検討もお勧めします。

まとめ

どうでしょうか?
思っていたよりも簡単に「英会話」の勉強に取り組めそうですよね。
もっと楽しむ要素を入れたい人は映画を観るのもいいです。
もちろん英語での鑑賞です。この際には、同じ作品を何度も見ることを推奨します。
何回も見ることによって、内容がわかります。

 

内容がわかったら字幕なしでも楽しめるようになります。
その際にきっと英会話のフレーズが耳に残ります。

 

最初から難しく考えて、高価な教材にお金を費やしたり、
時間を無理に作って英会話スクールに行くことをしなくても、
意外と身近なもので「英会話への入り口」があります。

ぜひ、参考にしていただき、英会話を楽しめるような
勉強方法を選択してください。